マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学コラム&ブログ

マルタへの正規留学!


Posted on 2022.10.21

Hello, how are you?
皆さん、こんにちは!

いよいよ本格的に秋らしくなってきましたねー。
“〇〇の秋”とよく言われますが、皆さんは何の秋でしょうか?
読書?運動?
私はこれ、例年通りなんですが、やはり“食欲の秋”です。。(笑)
何なんですかねぇ、、秋になると食べたくなりません?(笑)
やばい!と思った結果、運動もしなくちゃ、ということになるわけで…それより前に始めておけば良いものを、ギリギリ、いや、むしろ重さという結果にあらわれてから、何とかしなくちゃいけないという衝動に駆られてしまいます。。(苦笑)
健康という面においてもこの秋は、食欲もあるけど運動の秋、にしたいと思います!

さて、この10月というのは、高校生の皆さんにとっては大事な時期ですね。
夏休みで勉強に集中し、いよいよ「進路」というものに本格的に向かっていく時期となりました。
現在は、高校生の方のお問合せも増えており、マルタの大学に進学したい、というご希望を頂きます。
今回は、マルタに正規留学を希望されている皆さんへ、少しでも参考になれば!とコラム&ブログを書きたいと思います。

マルタ大学へ進学するには、まずは英語力が必要です。
IELTSやTOEFLのスコアがあって、願書提出というスタートラインに立つことができます。
IELTSはリーディングやリスニングという項目だけではなく、スピーキングやライティングもあります。
リーディングやリスニングは、一人でも勉強をすることができますね。
リーディングは教材が、リスニングは音源があれば勉強できます。
ただ、このスピーキングは相手がいないとなかなか難しい部分もあります。
以前のコラム&ブログにも書いていますが、スピーキング力は反射力です。
これを鍛えるには、実践あるのみです。
そういった場をどうやって設けていくのか、というのが大切になります。
そして、ライティングについては、書くという部分はもちろん自分でもできますが、それを採点してもらう必要があります。
自分で書いたものに対しては解答がないので、誰かに「これはこう書いた方がよい」「ここは間違っている」と指摘をしてもらって、修正をしていく必要があります。
そのため、特にIELTSのスピーキングとライティングは対策が必要になります。
こういった部分をどうしていくのか、これはアットマルタの進学サポートに含まれている面談でもアドバイスをさせて頂いておりますので、これからマルタ大学を受けようと思っている方は、ぜひご相談くださいね。

ちなみに…。
個人的には、この“海外大学進学に向けた英語力”というのは「海外大学に入学をするために鍛える」のではなく、「現地で勉強するために、進級するために、生活するために鍛える」と考えて進めていって頂けたらと思っています。
もちろん入学が大前提ではあるのですが、そこが目標になってしまうと、「ここまで取れたら満足」で終わってしまうこともあります。
海外大学は皆さんのイメージにもある通り、間口は広めに設けています。
これは日本と異なりますね。
ただ、入学できたところで、卒業できるという保証はありません。
そして、現地での生活は、想像している以上に大変です。
日本で一人暮らしをする、というのとは全く違います。
自分で助けてほしい時には助けを求めないといけないし、情報が欲しい時には自分で情報を取りにいかなければなりません。
自分で「発信をする」には、語学力が必須です。
相手に正確にわかってもらわないといけません。
それを念頭に、英語力を鍛えていってほしいと思っています。

さて、マルタ大学の学費ですが、海外大学の中では、かなり安い方です。
日本の私学に進むのと同じくらいの金額になります。
でも、一つ考えておかなければならないのは、「為替レート」です。
海外大学に進む際には、レートにも予算は左右されます。
事前に「予算がこれくらい」と見積もっていても、それより少なく済む場合もあれば、レートによってはそれ以上になってしまうこともあるわけですね。
だから、ギリギリで予算を見込んでおくのではなく、やはり少し余裕をもって予算は計算をしておく方が良いです。

そして、生活費も必要です。
日本だったら大学が家から近いなら「実家から通う」という方法がありますが、海外ではそうもいきません。
生活費は少なくとも月10万は必要です。
今はレートが上がっているので、日本円で考えるともっと必要になるので、少な目に見積もって14万程度でしょうか。
これもどれだけ節約できるか、マルタでの家賃がどうか、それによって変動するので、これも概算で考えてもう少し多めに見込んでおく方が、安心です。

その他必要な費用は、年間の海外保険代(学生ビザに必須)、そして航空券代ですね。
保険代は内容にもよりますが、1年間でおよそ20万前後かと思います。
後々慣れてきたら、マルタの保険もあるので、そちらの方が安ければそれで考えてみても良いでしょう。
(ビザ申請に通るかどうかというのは必ずご自身でご確認ください)

マルタ大学に進学するための具体的な予算などは、ぜひお問合せ下さいね!

もし、「経済、経営、ビジネス・マネジメント」などに興味のある方だったら、マルタへ正規留学をする別の選択肢もあります。
それが、LSC Maltaです。

この学校は、大学のような大きなキャンパスはないので、いわゆる「海外大学のキャンパスライフ」というイメージとは異なるかもしれませんが、ここに通い、卒業をすると、University of Suffolkというイギリスの大学からの学位授与となります。
そして…
何より、学費が破格です。
海外の大学の学位が取れると思えないほど、学費が抑えられます。
学部が経営系のみなので、そちらに興味のある学生さんだったら、こちらの選択肢もありだと思います。
詳細はぜひお問合せ下さいね。


私自身、日本の学生の皆さんに、色々な可能性と選択肢をお伝えして、ご自身でやりたいことを選んで頂きたい、そう思っています。
こんな進路もあるよ、そう言えるように私もさらに勉強していきたいと思っていますので、是非皆さん、マルタへの進学についてご相談くださいね!

See you soon!! 




コメントを残す


他にもこんな記事が読まれてます!