マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学コラム&ブログ

マルタで働く~前編~


Posted on 2022.01.17

Hello, how are you doing?
皆さん、こんにちは!

留学を希望される方の中には、“将来海外で働きたい!”ということを目標として、英語を勉強される方も多いのではないかと思います。
実際、留学カウンセリングの際にも「マルタって働けますか?」とご質問頂くことも多くあります。

海外で働くって、カッコイイですし、何より面白そうですよね!?
私自身も、一度働いてみれば良かったなと。。ワーホリなどもなぜか使わずにここまで来てしまい、行けばよかったと今更ながら思っています。。(すでに30歳は過ぎているので、、苦笑)

若い時に、色々な選択肢を知っておく、そして持っておくことはとても大切だと思います。
もちろん、どの年代であっても「もう遅い」ということはないと思いますが、“可能性の広さ“で考えると、やはり若い時こそ。
色々な経験をして、色々な情報に触れ、様々な人たちに出会い、何にでも挑戦してみて頂けたらと思います。
刺激を受けた分だけ、成長できると思います!!

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、その情報や選択肢の一つとして、今回は「マルタで働くということ」をテーマに前編、後編として、コラムを書いていきたいと思います!


働く、と言っても、雇用形態はさまざまでアルバイトもあれば、正社員もありますよね。
先にアルバイトについてお伝えします。

マルタでは、学生ビザを取得して、留学される方、つまり13週間以上の長期留学をする方は、制度上はアルバイトをすることが可能です。

週に20時間以内、90日以上滞在していること、そして労働許可証なども発行してもらう必要があります。
上記がクリアできれば、アルバイトは出来ます。

ただ、先ほど制度上は、とお伝えしましたが、アルバイトをすることが簡単かというと、もしかすると他国と比べると、あまり簡単ではない方に分類されるかもしれません。。

まず、当たり前ですが、英語力はないと雇ってもらえません。
渡航してから3ヶ月で仕事ができるまで英語力を鍛えられるかどうか、がまず一つ。

それと、マルタにはEU圏の学生さんたちも、たくさんいらっしゃいます。
マルタもEU圏なので、制度的にはEU圏の人たちを雇う方が、書類や手続きが簡単なこともあって、雇用側としては、同じ語学レベル、同じ能力、となると…書類手続きが簡単な方を選びやすくなるのではないか、ということはご想像頂けるかと思います。

ここで、「難しいのか、、」と思ってしまうのではなくて、「英語力が十分にあって、採用したくなる能力を持っていれば、アルバイトが可能」なわけなんです。
これを一つの、英語力を鍛えるモチベーションにして頂きたい!と思っています。


次に、「アルバイトでどれくらい稼げるのか」も気になるところかと思います。

よく、オーストラリアでは高い賃金で働くことができる、と言われますよね。
その通り、ローカルのカフェなどで働くと時給2000円くらいのところもあります。
私もオーストラリアにも留学していたので分かりますが、アルバイトの賃金は高いですが、その分物価も高いです。。
コーラ1缶300円とか。
もちろん、滞在費も高くなります。

それと比べてしまうと、マルタのアルバイトの賃金は正直、安いです。
それこそ、時給で500、600円程度。

でも、その分物価も日本と同じくらいか、それより安いです。
特に食材などは、日本と比べてかなりやすいものもあったりしますので、自炊したら、食費もかなり抑えることが出来ると思います。

ただ、いずれにしてもアルバイトと言っても、お小遣いや生活費の足しにする程度、と思って頂くのと、英語力向上のため!と思って頂くと良いかと思います。

そして、アルバイトについては、到着してから語学学校でもきちんと制度を確認するようにしてくださいね!

さて、今回はアルバイトについてお伝えしたので、次回は正社員の仕事について!
See you soon!!




コメントを残す


他にもこんな記事が読まれてます!