マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学Blog

マルタのクリスマスの様子


Posted on 2019.01.05


Hello Malta lovers & Happy New Year!!!!

みなさん明けましておめでとうございます!年末年始はいかがお過ごしでしたか?

わたしは12月25日からマルタに滞在し、クリスマスのマルタの雰囲気を満喫してきました

夏のイメージが強いマルタですが、冬も冬で趣がありますね~!

イルミネーションや世界遺産をゆったりと楽しむことが出来ました!

観光客が少なかったりバスの料金も夏よりすこーし安かったりと、冬は穴場のシーズンかもしれませんね!°˖✧◝(⁰▽⁰)◜✧˖°

さてさて、今回からは、そんな冬のマルタの様子や、私が行ったお勧め観光地などなどをご紹介します!


まず12月25日、クリスマス当日ですが・・・店がやっていない!(笑)


↑この閑散っぷり・・・!

前回のブログにも書いた通り、マルタなどのヨーロッパ諸国はクリスマスを特に大切にしており、家族で食事を楽しむ日としています。

お店もお休みの所が多いとは聞いていたのですが・・・空港内のお店も殆ど閉まっていました(あちゃ~)
また昼間はバスやフェリーなどの交通機関も動いておらず、なんと空港から足止め!


↑昼の空港でこの静けさ・・・


↑時刻を示さぬバス掲示板。「メリクリどころじゃないよ!」って感じでした(笑)

結局、バスがくる様子がなかったので白タク(個人経営のタクシー)を利用しホテルがあるスリーマへ向かいました。
(ただ、この時運よく相乗りが出来たので割り勘でかなり安く行くことが出来ました。なんとひとり€5・・・ホテルまで行けてこの価格は僥倖!)

ちなみに、正規のタクシーを使う場合は到着ロビーにタクシー専用カウンターがあり、係員が運転手を呼んでくれます。

金額も行先ごとに定額制となっているのでボラれることもないでしょう。
首都ヴァレッタまで€15、スリーマ・セントジュリアン・イムディーナまで€20が相場です。


***


ホテルに荷物をおろした後は早速街散策をしに首都ヴァレッタへ向かいます。

スリーマからヴァレッタへはバスよりフェリーがお勧めと聞いていたのですが、
ここにもクリスマスの影響が!フェリーは日中お休みでした。

ではバスにしよう・・・と思ったのですがこちらも殆ど動いておらず、ひたすら待機時間が流れていく・・・

来る気配が一向になかったので結局スリーマ~ヴァレッタ間を歩いてみることに。


約6キロ、1時間ほどの散歩です。

ヨーロッパらしい街並みや地元の人向けの商店など、バスだったらきっと見る事のなかった景色が見られたのでこれはこれで楽しかったです(笑)

↑そしてこの日ばかりは、人より猫との遭遇率のほうが高かったです(笑)

***

歩くこと1時間、やっと着いたヴァレッタ・・・!

クリスマスイルミネーションや夜の街並みが本当に綺麗でした!!

首都でもお店は殆どクローズ or 17時頃には閉店、と着いた時は少し閑散としていましたが、
美しい夜の街並みをほぼ独り占めできるという何とも贅沢な時間を過ごせました(*´▽`*)うふふ
ちなみに帰りの時間はバスが動いており、
スリーマまで20分ほどで帰ることが出来ました。文明の利器だ~いすき。


***


さて、最後にこの日に行ったレストランを紹介します。


【Ta’ Kolina】

Ta’ Kolina – ホーム

Ta’ Kolina – ホーム

はてブ数
Ta' Kolina、Sliema, Malta - 「いいね!」1,331件 · 15人が話題にしています · 790人がチェックインしました - This family run restaurant ...

スリーマにあるマルタ郷土料理のお店で、バス亭からも近くアクセスよし◎
またクリスマスの夜にも遅くまで営業していたのでとてもありがたかったです・・・(笑)

頼んだのはランプキのソテー、野菜のグリル、そしてマルタパンとマルタビール(CISK!!)

ランプキはマルタの伝統的な魚で、秋から冬が旬だそうです。
ステーキのように肉厚ですが、脂は少なく味はさっぱり。濃い目のトマトソースとの相性がとてもグッドでした◎!!皮もさくっとしていて塩っ気がビールと合います♡

そしてこちら、見た目以上に量もあるのでシェアかハーフポーションをお勧めします・・・(笑)
ちなみにこれで€20.5でした。満足!

***

ということで、クリスマスのマルタは「交通手段や営業時間を気を付ければ十分楽しめる!!」という印象でした!

次回からも周ってよかった観光地などをご紹介しますので乞うご期待°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

それでは皆様、このような感じで今年もHOTな情報をお届けしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します!





コメントを残す