マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学Blog

世界遺産 ジュガンディーヤ遺跡


Posted on 2019.02.08


Hello Malta lovers!!みなさん、こんにちはー!
先週に続きゴゾ島ジープ旅レポートです。

ちなみに…↓先週の記事↓


最初に辿り着いたのは、世界遺産「ジュガンティーヤ(Ġgantija)」

新石器時代に造られた巨石神殿で、マルタ語で「巨人の塔」を意味します。
世界的に見ても最古の宗教施設の1つと言われており、豊穣神崇拝の場として使われていたそうです。

入場料は9ユーロ。学生や60歳以上の方は7ユーロです。

博物館も併設されています。崇拝で使われていた小像や彫刻などが展示されています。

博物館を出てしばらく道を進むと・・・丘の上にいきなり巨大な遺跡が見えます。

で、でかい!遺跡の周りの壁の高さは約6~8mもあり、
巨人が作り上げたという伝説が残っているのも納得できる圧巻の大きさです。

この大きな石は重さ数トンに及び、調査によると神殿から約3㎞も離れている丘の石だそう。
どうやって運んだのか・・・ミステリーです。

遺跡は内部まで入ることが出来ます。
外観は岩肌がなんとも荒々しいらしい印象ですが、

内部には精巧に整えられた石で作られた部屋が。

こんなに精巧なものを文明がまだ発達していない時代に作りあげたなんて、ロマンを感じますね。
ちなみにこの遺跡は豊穣神崇拝の場として使われていたとされ、生贄を洗う為に使われていた石も残っていました。

所々で古代のミステリーを感じられるジュガンディーヤ遺跡、
古代ミステリーに想いを馳せられる興味深い場所でした。オススメです!

***

おまけ

遺跡を見た後はランチタイムでした。
サラダ、パスタ、メイン、デザート、そしてデキャンタワイン付き。そこそこ量があります。

このレストラン、とにかく見晴らしが良かったです!開放的な窓から海を一望。

天気も良く気持ちがいいです。
腹ごしらえをした後はいよいよ海の観光、、、!

次回へ続く、、、





コメントを残す