マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学コラム&ブログ

CEFRとは?


Posted on 2021.05.22

Hello, how’s it going?
みなさん、こんにちは!

さて、留学カウンセリングをしていて、皆様からよくご質問を頂くのが、

・留学先の学校のクラスはどんなレベル分けになっているの?
・どれくらいレッスンを受ければ、できるようになるの?
・現地で働けるくらいの語学力って?

などです。
留学する上では、気になるところですよね!

「できるようになる」と一言でいっても、友人との日常会話ができるようになりたい、仕事や研究で使えるぐらいの語学力を身に付けたい、進学などのための語学試験をパスできるレベルになりたい、などなどご希望は様々かと思います。

このようなそれぞれの目標を持つ人が集まる語学学校では、一般英語、ビジネス英語、試験対策などのコース設定がありますが、どのコースも共通して、クラス分けやレベル設定は、きちんと定められた「基準」によって行われています。

それが、「CEFR(セファール)」というもの。

日本でも大学入試での民間英語試験導入の話題に関連して、耳にする機会がだいぶ増えてきましたが、これは、「語学の熟達度を測る国際的な基準」として2001年に欧州評議会が発表したものです。

ちょっと詳しくみていきましょう。


CEFR

Common Europian Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment
外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠

外国語の運用能力を、言語の枠や国境を越えて同一の基準で測ることができるようにと示された指標です。

CEFRでは、その言語を使って「具体的に何ができるか」という形で言語力を表します。


(出典)ブリティッシュ・カウンシル、ケンブリッジ大学英語検定機構

20年にわたる研究と実証実験の末に開発されたCEFRですが、このレベルを一つ上げるには、
「指導者のもとでの約200時間の学習」が必要
とされています。

語学留学で週15時間のレッスンを受けるとすれば、だいたい14週間(3カ月半)で1レベルアップができる、と計算できますね。


マルタ英語留学でのクラス設定

そんなCEFRを基準とした、語学学校での標準的なクラスレベルの設定と呼び方はこちら。
※学校によって異なる場合があります。

C2:Post-Advanced / Proficiency
C1:Advanced
B2:Upper-Intermediate
B1:Intermediate
A2:Pre-Intermediate
A1:Elementary /Beginner

さらにレベルを分けて、

B2+:Pre-Advanced
B2 :Upper-Intermediate
B1+:Intermediate
B1 :Pre-Intermediate

などとしている学校もありました。

ここまで細かくクラス設定をしてくれると、より自分のレベルにあったレッスンを受けられるのでありがたいですね。

マルタの語学学校では、
★General Englishコース(週15時間)を8週間~12週間で、1つのクラスレベル修了!
とできるよう、カリキュラムを組んでいる学校が多いです。
CEFRでは「約200時間で1レベルアップ」とあったので、8週間(120時間)で1レベルアップできたらすごいですよね!
各学校は、それだけレッスンの質にはこだわりがあるということだと思います。

※こちらの記事もご参考まで:
留学期間の決め方~英語の上達する期間~ https://atmalta.com/blog/post-2497/

もちろん語学の学習成果には個人差はあります。
ただ、「短期間でのレベルアップも頑張れば可能!」とわかればモチベーションにもなりますね。

インターンシップなど現地で働きたい!という人はB2(Upper-Intermediate)~C1(Advanced)を目指しましょう!

留学中に、
・どこまで英語力を上げたいか
・留学中に2ランク上げるにはどれくらいかかるか
・Intensiveコース(1日4時間30分のレッスン)を少し追加して集中的にレベルアップをしよう!
など、自分の目標を改めて設定し、充実した留学となるように勉強していけると良いですね!

See you soon!





コメントを残す