マルタ留学 手続代行無料 相談無料

みんなの口コミ×留学体験談!

マルタ大学卒業生 Y・Sさんのインタビュー


Posted on 2021.08.26

マルタ大学の卒業生にインタビューさせて頂きました!
これからマルタ大学を目指す方にとっては、とても興味深い内容だと思います!
ぜひ、ご覧ください♪

Y・Sさん
応用心理学 カウンセリング 修士課程卒業
(修士課程の前に、1年だけ学士課程も受講)
現在はマルタで生活し、お仕事もされています。

―――さて、早速色々とお話をお伺いできればと思います!
まず、なぜ海外大学院を目指そうと思ったのですか?

元々は、日本の大学で心理学専攻していて、日本での院進学も考えたのですが、その時は学生生活の継続はせず、いったん社会人になりました。
7・8年働いて海外旅行など通して様々な国を周る中で、やっぱりもう一度勉強したいと思い、せっかくなら海外の大学院に進もうと決意しました。

―――なぜ留学先をマルタにしようと思われたのですか?そして、なぜマルタ大学を希望されたのでしょうか?

高校時代、サマースクールでアメリカ短期留学の経験はあったのですが、ちゃんと英語を勉強したことはなかったので、まずは英語力を上げないといけないと思って、留学エージェントに相談しました。
その時に、たまたま勧められたのがマルタで…。
生活費が安いということもあったし、海外進学で費用がかかると思い、語学習得の費用は安く抑えるためにマルタに行こう!というのが、選んだきっかけです。

まずは、マルタの語学学校に半年通いました。
IELTSコースを受講し、IELTSのテストもマルタ国内で受験しました。
院の基準は6.5なので、基準に達するまでの勉強はかなり大変でしたが…。
でも、イギリスなどだと7.0くらいなので、マルタの進学は他国に比べるとそこまでハードルは高くないかもしれませんね!

マルタには英語留学のつもりで行ったので、語学留学を決めたタイミングでは、まだマルタ大学に進学するつもりはなかったんですが、現地の生活にも慣れて好きになったのと、滞在中にマルタ大学でも学べることを知って。
それで、マルタ大学進学を決めました!

―――学生生活についてお伺いします!
大学での勉強量はどうでしたか?

Undergraduate(学士課程)の場合は、時間割が1~6限までぎっちり埋まるということはなく、比較的空き時間もありましたが、予習復習にはきちんと時間を使いました。
大学院の方が大変かもしれません。

―――学習期間はどれくらいでしたか?

大学院はコースによって期間がばらばらですが、私は2年のコースでした。
間に少し休学した時期もありました。

―――クラスメイトは何人でしたか?

大学院のクラスメイトは10人でした。
そのうち外国人は私が日本人で、あとはドイツ、アイルランドの3人でした。
とはいっても、ドイツ人とアイルランド人は英語が話せるので…英語のバックグラウンドが違って、語学でまずは苦労しましたね。
マルタ大学は中国人が多い時もあります。
あとは、交換留学でヨーロッパの学生(ERASMUS)が短期でも結構来ているので、とてもインターナショナルな感じです!

―――マルタ大学で学ぶメリットは何でしょうか?

まず日本人が珍しいので親切にしてもらいやすかったですね!
あとは、他の国の大学に比べて学位は少し取りやすい気がします。
もちろん自分が頑張らないといけないのですが、学校がサポートをとてもよくしてくれるので安心でした。
私が卒業した時に当時のスタッフに聞いたら、マルタ大学で学位取得した日本人は過去10年で3人だとか。。
日本人が少ないという環境で学びたい方は、かなり穴場なのではないかなと思います!
今は少し上がってきていますが、比較的家賃が安いので、学生さんも部屋をシェアしやすいと思いますね。
あと、マルタ大学の学生は銀行口座が結構作りやすいです。

―――逆に大変だなと感じることはありますか?

ヨーロッパ旅行はしやすいのですが、日本に帰るのが遠いことですかね。。
大学ではマルタ人がほとんどなので、学生同士はマルタ語で話をしてたりして、話に私が加わると英語になるんですが、たまにふっと忘れてマルタ語が始まったりすることもありましたね。(笑)
おっと、ごめんごめん!みたいな感じでした。(笑)

―――マルタ大学在学中の滞在先はどうされましたか?

私はまず語学学校に通っていたので、語学学校のレジデンスに滞在した後は、自分で不動産屋さんを巡って部屋を探しました。
大学の学生寮の見学はしたことがあるのですが……。

―――率直な感想をお聞かせ下さい!!

…わかりました!(笑)
滞在先にプールがあって良いのですが、やはり建物や中の感じは古かったですね。。
一番安いドミトリーだと、その当時は2段ベッドが7台ぐらいあって、冷蔵庫も結構ぱんぱんで…私が見学した時は中もちょっと煩雑な感じもあったような気がします。。
ただ、かなり費用的には抑えられるので、その点については良いかもしれません。
一つ料金的にアップする部屋だと、3部屋ぐらいあって、1部屋に2ベッド、バス付でした。
シェアでもシングルでもOKで、料金が異なります。
一度、滞在先は見学してから決めるというのもありだと思います。
今マルタ大学は新しい寮もできるので、そこに滞在できると良いかもしれませんね!

私が自分で滞在先を探した時は、結構何件も回って…結局ベッドルームが2つある部屋を借りました。
社会人経験を経て留学に行ったということもあるんですけど、少し広めの方が良いかなと思ってそこにしました。
友人を泊めたり、あとはもう一部屋にルームメイト募集をしたりということもしました。
部屋を決める時は、結構決定は急かされましたね。(笑)
実際、あとで希望を出したらもう予約済みといったこともありました。

―――生活面で大変なことはありますか?

正直、もうマルタの生活に慣れてしまっているので特に感じることがないのですが、、(笑)
しいて言えば歯医者さんがあまり良くないかな!?
ちょっとクリーニングをするだけでも血だらけになったりとか。。(笑)
緊急の時は行きますが、なるべく日本に帰国した際に、歯医者さんに行くようにしています!

―――なるほど(笑)、ちなみに現地の病院はどうでしょうか?

マルタでは日本語が通じる病院はないですが、私立病院は大きくてキレイですし、街中にクリニックもあります。
国立病院もありますし、特に困ることはないですね。

―――大学のこと、そして現地での生活のこと、たくさん教えて下さってありがとうございました!!
最後に、これからマルタ大学を目指す生徒さんへアドバイスやメッセージをお願いします!

マルタは世界的に見ると比較的安全な方だと思いますが、気を緩めずにいてもらえたらなと思います。
観光客を狙ったスリなどはあるので…長期でいると慣れてしまいがちですが、海外にいるんだという意識は大切だと思います。
あとは、マルタ国内は色々なものが近くにあるので、生活は便利です。
マルタ大学は日本人の生徒も少ないので、留学先としては穴場だと思います。
多国籍の学生たちがいる環境で、マルタでの生活も、学生生活も思いっきり楽しんでもらえたらと思います!!


Y・Sさん、本当にありがとうございました!!!
とても貴重な体験談で、お話を聞いていて、私自身もなんだかワクワクしました!
マルタ大学での素晴らしい学生生活、これからマルタ大学を目指す方もぜひ参考にして頂けたらと思います!

マルタ大学進学をご検討中の方、まずは話だけでも聞いてみたいという方は、ぜひアットマルタまでご相談下さい!





コメントを残す