マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学Blog

最新情報!マルタでアルバイト!


Posted on 2018.06.15


Hello, Malta Lovers!!

 

皆さん、こんにちはー!

 

何とも予想のできないこの天気によって、最近の私は頭痛に悩まされています…。
気圧はもちろんのこと、確実に気温の変化についていけてない。。
昔、母が気温の変化が何とかかんとかと言っている間は、気温なんか何かの原因になるんかい!と思っていましたが、その歳が近づいてきているような気もするので、やはり身体は正直なのね、と感心もしている今日この頃です。(笑)

 

さて、今日は皆さんが気になるマルタの最新情報をお伝えしようと思います!
つい今年の4月に、学生ビザの内容が変更されました。
なんと!
学生ビザを取得後、アルバイトが出来るようになりました!!!

もちろん、何でも自由というわけではなくて、規定付きではあります。
ただ、この内容、すごーく気になるところかと思いますので、お伝え致します!!

 

まず、今まではマルタでアルバイトは出来なかったんです。
長期滞在で学生ビザを取得しても、学校からは「お金をもらって働くことは禁止!」と言われていました。
もちろん、警察からも不法労働と見なされてしまっていて、見つかった場合には、最悪強制帰国となっていました。

しかし、2018年4月、91日以上マルタに滞在する留学生が取得しなければならない学生ビザの内容が変更となり、午前中は学校の授業に通い、午後以降、規定時間内にてアルバイトが可能となったのです。
※注:ワーキングホリデーとは異なります。

 

その詳細は以下の通り!

・学生ビザ取得後の90日を超えてから、労働が可能

・週20時間以内

・Jobsplusにて事前に就労許可を取得

 

学生ビザを取得してからでないといけないのと、週20時間を超えてはいけないなど、色々とルールがありますので、注意は必要です。
また、雇用先を選ぶ時点で、『Employment License for Students』の申請書類協力を得られるかどうかも確認が必要です。

 

ちなみに、求人広告はこちらのサイトをチェックしてみても良いかもです♪

MaltaPark

 

まず、就労先から、レター(申請用紙)をご自身でもらい、学校で学生就労ビザへの切り替えを行います。(申請料別途必要、約230€)

 

そして、もう一つ最大の注意点!
アルバイトを頑張りすぎて、出席率が80%を切ってしまった場合には、学生ビザが没収されてしまいます!!
学生ビザが没収されるということは…必然的に帰国をせざるを得ないということなります…。
この点はご注意を!
そして、学校もアルバイト先で問題があったりした場合には、責任を持てませんので、ご自身の責任の範囲内で行うことになります。

さらに詳しい内容については、現在学校にも問い合わせをしているところですので、新しい情報がアップデートされ次第、ブログでもどんどんお知らせしていきますね!

 

ということで、See you soon and have a lovely weekend…♪





コメントを残す