マルタ留学 手続代行無料 相談無料

マルタ留学情報

マルタの気候って?英語の発音は?など気になるマルタ事情をまとめてみました♪


マルタについて 基本情報気候治安お金電気交通など) マルタの観光スポット
マルタ留学について マルタの気になる英語 マルタ留学の予算 マルタ留学の選び方 滞在先の種類 語学学校一覧
留学の準備 マルタの留学ビザ・申請方法 持ち物リスト

マルタ基本情報

通貨 €(ユーロ) お金について
首都 ヴァレッタ
国の面積 246k㎡
人口 約39万人
公用語 英語、マルタ語 マルタの気になる英語
時差

マイナス8時間

日本が夕方16時の時、マルタは朝8時。
ヨーロッパにはサマータイムがあり、3月の最終日曜日から10月の最終土曜日の間のみ、時差はマイナス7時間。


気候

地中海性気候 冬~春にかけての平均気温は14℃、夏~秋にかけては23℃。
ハイシーズンとされる6月中旬-9月中旬にかけては日差しが最も強く、30℃を超える真夏日が続く。
11月~2月は雨季といわれ、朝晩の気温の差が激しい。


治安

基本的にはとても穏やかな国なので、マルタの治安は良いと言われています。
しかし!油断し過ぎてはダメ。最近は海外の方も多く訪れるため、スリが多くなってるのも事実です。
自分の身は自分で守る!留学前には注意するべきポイントをしっかりとチェックしておきましょう。


バッグは自分の身体から離さない

ポンっ、とバッグを置いてしまう…これはやめましょう。
日本のレストランなどでは、よく荷物をイスに置いたまま、席を離れてしまうという光景をよくみかけますが、それもダメです!基本的には、自分の身体からは荷物を離さないようにしましょう。
また、日本では、チャックのないバッグも持っている人を見かけますが、海外に行く際には注意しましょう。
チャック付きの中身が見えないようなバッグを持って行き、お財布などが外から見えたりしないようにしておきましょう。

特に夜は一人で暗い道や、人通りの少ない道は歩かない

マルタは夜一人で歩いていても全然大丈夫、なんて言われることもありますが、必ずしもそうとは限りません。
特に女性は、日本でも夜中、一人で暗く、人通りのない道を歩きますか?きっとそんなことはないはずです。
いくら治安が良いと言われたとしても、日本でしないことはしないと、心に留めておきましょう。

現金は必要最低限の分を持ち歩く

スリにあって、持参したお金を全て持って行かれてしまった…こんなことは絶対に避けたいですよね。
学校に大金を持っていく必要もないですし、夜、食事に行く場合には、それに見合った金額だけを持っていくようにしましょう。
留学に持参した現金は、滞在先に金庫がある場合には、パスポートと一緒にそこに入れておくか、ない場合には、スーツケースに鍵をかけて保管するようにしましょう。
もちろんカードも何枚も持って行かない!必要なものだけにして、管理は十分気を付けましょう。

ポケットにお財布や携帯電話を入れて歩かない

これは、男性にありがちですね。
ポケットに貴重品を入れて行動するのは避けましょう。
お財布にチェーンを付けてポケットに入れていても、逆に「ここにお財布がありますよ」と告知しているようなものです。
スリの相手は「プロ」!それを頭に入れて、常に注意するようにしましょう。
また、携帯もレストランのテーブルに置いたままにしないように!持って行かれてしまうこともあります。


大前提として、マルタの治安は他国に比べて良いのは事実です。
特にヨーロッパ諸国の中では、その治安の良さはとても目立ちます。その点においては、不安になり過ぎないようにして下さいね。
ただ、海外ですから、日本とは違うということも常に意識するようにしましょう。何か起こってしまってからでは遅いので、油断をしてはいけないということです。
注意するべき基本的なことをきちんと確認して、有意義な留学にしましょう♪


電気

マルタのプラグ

BFタイプ。イギリスと同じタイプです。
基本的にはこのタイプですが、場所によってまれに違うところもあったりするので、電気屋さんで全てのタイプが一緒になっているものを購入されることをお勧めします。


マルタの電圧

電圧:240V / 周波数:50ヘルツ

iPhoneなどは充電器に変圧器が内蔵されているので、マルタのプラグに差してからそのまま充電をしても大丈夫ですが、カメラなどは確認が必要。必ず説明書などで確認をしましょう。
特に短期留学の場合は、変圧器を持っていくことをお勧めしますが、長期留学であれば、必需品であるドライヤーやヘアアイロンなどは現地で安く買ってしまった方が楽かもしれません。


お金

通貨はユーロクレジットカードは基本的にはどこでも使用できます
銀行は、季節によって営業時間が異なりますが、月~金曜日は8時半~12時半、土曜日は11時半までで日曜日は定休日。
営業時間…日本とは異なります!銀行に行きたいという場合には、午前中の早い時間に行くようにしましょう。

お金の両替については、街の中に両替所があります。
もちろん、ホテルや空港でも両替できますが、割高なので避けた方が良いでしょう。特に空港は高いです!

レストランでのチップは、目安として10%程度です。ただ、実はあまり支払わないので、そこまで気にしなくても大丈夫です。


交通

日本と同様に右側通行右ハンドルです。
マルタには電車はありませんので、交通機関はバスかフェリー、もしくはタクシー。

バス、フェリーは1.5ユーロ!6月中旬~10月中旬は2ユーロになりますが、ヴァレッタやスリーマ、セントジュリアンズ間をバス移動するなら、どこでもその金額なので、お安いですよね。

気を付けなければならないのは、ヴァレッタから「エクスプレスバス」というものが出ていて、これは4停留所程度しか停まりません。ただ、これは3ユーロなので、注意が必要です!ちなみに、深夜バスも3ユーロ。
料金についてわからなければ、運転手の方にいくらか聞いてみて下さいね。

フェリーについては、ヴァレッタからスリーマまでフェリーが出ているので、夏の期間はそちらを使った方が気持ち良いと思います!バスは時間帯によって、とーっても混んで、停まってくれないことも…。
そのため、フェリーの方が、時間が読めることも結構あります。


マルタについて 基本情報気候治安お金電気交通など) マルタの観光スポット
マルタ留学について マルタの気になる英語 マルタ留学の予算 マルタ留学の選び方 滞在先の種類 語学学校一覧
留学の準備 マルタの留学ビザ・申請方法 持ち物リスト